さいぽんの盆栽と車の小窓

最近始めた盆栽の疑問、悩みをメインで書くよ。

赤松盆栽2号の乾燥苔が茶色のまま

日曜日に赤松盆栽2号の鉢換えした さいぽんです。

 

新柏盆栽にに生えている元気な苔の先端を切って乾燥させて細かくしたのを植え替え赤松盆栽2号にふりかけました。

想像だとすぐに緑緑なると思ったら(゚Д゚)

振りかけた時より茶色です。

乾かさずそのまま先端移植した他の盆栽の苔は緑のまま元気なのに。


f:id:saipon44:20181016193333j:image

f:id:saipon44:20181016193425j:image

駄目なのかな?

生きてますかぁ~???

f:id:saipon44:20181016193513j:image

少し撮影用に水槽の上置いてみた。

さいぽんでした。

 

海水魚水槽のお掃除

海水魚水槽お掃除のさいぽんです。

 

皆さんペット飼ってますか??

犬派、猫派は取り上げられますが鳥派、爬虫類派、猿派とかは聞きませんね。

やはり犬猫が一般的でマスコミ的には同調得られるからでしょうか。

さいぽんは肴派です!

違った。。。魚派です!

でも犬大好きです。

でも犬は毎日お世話してあげないと可愛そうなので我が家にはお迎え出来ません。

柴犬(黒)かプードル(一番でっかいの)が大好きです。

 

で、2~6ヶ月ぶりにお世話してない海水魚水槽お掃除と水換えします。

いつ水換えしたか覚えてないや・・・

多分前回掲載した以来かも(笑)

 

こんなのが

f:id:saipon44:20181015213549j:plain

そこそこピカピカ☆彡

f:id:saipon44:20181015213731j:plain

夏場水温上昇防止扇風機ちゃんもお役目終了お休みです

f:id:saipon44:20181015215931j:plain

高価な水槽クーラーなくともなんとか乗り切れます。

過去の経験から水温32℃を超えたら強健な海水魚でもやばですが32℃超えて生き残るのはこの水槽ではカクレクマノミだけでしょう。

私が飼育した中ではカクレクマノミが一番強権だと思います。

 

元気イッパイカクレクマノミちゃん

f:id:saipon44:20181015213955j:plain

素朴な美しさのちりめんヤッコ

パープル唇がチャームポイントです

f:id:saipon44:20181015214046j:plain

きっちり色分けたソメワケヤッコ

f:id:saipon44:20181015214301j:plain

海水魚は同種類とか似た色形は大抵喧嘩します。

例に漏れずヤッコ類も喧嘩するけどこの二匹は喧嘩しませんでした。

ただ喧嘩言っても皆さんが想像する喧嘩なんて言う可愛いもんじゃないですよ。

強者が一方的に弱者が死ぬまで追い詰めます(´・ω・`)

このソメワケヤッコも以前2匹水槽に入れたら1日で弱者は追い掛け回されヒレも体もボロボロなり✩でした。生き残りの強者がこの子です。

 

また、もっと以前飼育のヤッコ類の話しだけど

ヤッコ類のポッターズピグミーエンゼル(10000円)を飼ってた後から

ヤッコ類のルリヤッコ(1500円)を入れたらまさかまさかの・・・

ポッターちゃんが気がついた時にはすでに追い込められて天に召せました(´;ω;`)

ルリヤッコは空気(金額)をよんでくれませんでした。

人間の物差しは魚類の中では全く関係ありません(笑)

 

ポッターズピグミーエンゼルとルリヤッコ はググって下さい

 

盆栽は横に並べても喧嘩しないだけまだ平和ですね。

 

さいぽんでした。

赤松盆栽2号の移植

早速、赤松盆栽2号移植のさいぽんです

 

目ぼしい鉢を2個ゲットしまして、合計2000円

 

どちらに植えようか悩ましいです。

f:id:saipon44:20181013203400j:plain

抜いてポンッ!と安全楽チン移植のこっちかな?

f:id:saipon44:20181014100853j:plain

土を落としてリスクありあり植え替えのこっちかな?

f:id:saipon44:20181013204019j:plain

とりあえず鉢から抜いて考えてみましょう。

まずは苔の元気な部分は鋏で切り取って保管しておきます。

f:id:saipon44:20181014101215j:plain

f:id:saipon44:20181014101236j:plain

f:id:saipon44:20181014101257j:plain

残りの((;^ω^)イラナイ苔は剥いでポイです。

んでもって苔剥がすと高確率でこのサナギが出てきます。

何のサナギだろ??

f:id:saipon44:20181014101437j:plain

思う所はハエではないかと・・・

今年は油かすを肥料に使いましたがウジがわくんですよね。

見つけたらピンセットでつまんで金魚の餌にしましたが。

来年は油かすは使用やめようと思います。

このサナギも気持ちわるいので池の金魚にあげちゃいました。

 

潰れた上の土を取り除いて、コケで緑色になった樹皮も歯ブラシでキレイに洗って

f:id:saipon44:20181014101943j:plain

スポンと抜いたら

f:id:saipon44:20181014102109j:plain

f:id:saipon44:20181014102134j:plain

f:id:saipon44:20181014102201j:plain

あちゃー あまり根が増えていません。

やはり松類に塗鉢は師匠の言う通り(ってか世間一般的に)いけません。

松類は根が酸素を欲しがるため故に塗鉢が駄目と言われるのです。

素焼き鉢は空気通しますからねぇ・・・

勉強になりました。

 

さて、気を取り直してどちらに植えるか考えますがその前に鉢の準備です。

深い鉢は底穴が大きくいつもの網固定方法ではうまく固定出来ないので以前山野草体験コーナーで教わった方法で固定します。これは植えた物もついでに固定出来るスグレモノです。

まずは鉢底の大きさに合わせ太いアルミ線を切って

f:id:saipon44:20181014102900j:plain

固定用の細いアルミ線はUの字に曲げます。

f:id:saipon44:20181014103023j:plain

これを太いアルミ線にあてて巻きつけます。

f:id:saipon44:20181014103114j:plain

f:id:saipon44:20181014103136j:plain

で鉢にセットした網を通せば出来上がり♪

f:id:saipon44:20181014103216j:plain

f:id:saipon44:20181014103246j:plain

素晴らしい!

 

では鉢の選定です。

こっちかなー

f:id:saipon44:20181014102532j:plain

こっちかなー

f:id:saipon44:20181014102459j:plain

悩ましい(´・ω・`)

 

でも結局危険を冒しても浅いほうがバランスが良いのでこっちしちゃいました。

では頂いた硬質赤玉土をふるいにかけ微塵を取り除き

f:id:saipon44:20181014103609j:plain

f:id:saipon44:20181014103632j:plain

ってこいつマジ硬い!

ホームセンター赤玉土は簡単に潰れるのに

f:id:saipon44:20181014103748j:plain

硬質赤玉土は潰れなぁーい!

f:id:saipon44:20181014104227j:plain

やはり専用土でないと駄目ですね。

 

今更なんだけど丸鉢の正面ってどこなんだろう??

ふと気になりました。

分からないから盆栽クラブの方に電話で聞きました所

やはりあるそうで・・・・・・そちらは次回記事にします。

 

では早速植え替えです。

根は傷つけない様に土をざっと落として鉢に収め赤玉土ガシガシ詰め込みます。

頂いた赤土本当に崩れないや(笑)

f:id:saipon44:20181014104815j:plain

f:id:saipon44:20181014104951j:plain

詰め込んで針金で固定して出来上がり。

f:id:saipon44:20181014105045j:plain

乾かして細かくしコケを振りかけて

f:id:saipon44:20181014105209j:plain

f:id:saipon44:20181014105228j:plain

f:id:saipon44:20181014105247j:plain

 

完成です

f:id:saipon44:20181014105344j:plain

しばらくは日陰とLED照明で管理します。

さいぽんでした

赤松盆栽の鉢探し

盆栽展示用の鉢探しに行って参りました。

 

それだけではつまらないのでさいぽんオープンカーでお出掛けです。

しかぁーし!なんと本日は朝方は6℃!

寒いよー

ヒーターも無いさいぽんオープンカーではムリポーな温度なのでお昼まで久々にクラクラゲームです。

すみませんm(_ _)m

ここでクラクラゲーム説明始めると脱線しすぎなので気になる方はググって下さい!

 

さてお昼もなるとそこそこ気温も上がったのでドライブも兼ね赤松盆栽2号鉢探しの旅行って帰って参りました。

f:id:saipon44:20181013203400j:plain左から赤松2号と松に駄目な塗鉢

真ん中がそのまま、すぽっと移植出来そうな素焼き鉢

右は浅くて根をいじらないと入らないけど、とても気にった鉢

真ん中、右とも各1000円でした。

おいっ!鉢高けーよ!本当にそんなにするの??

でも気に入ったので仕方ないです。

 

特にこの鉢良くないですか?

塗鉢では無く周りに置いた燃える物の温度で模様?つけるとかなんとか・・・

本当かぁ~?

ゴメンなさい

聞いててもよく分かりませんでしたが気に入ったのでポチッとな!

でもこの歪さがなんともわざとらしい感じ(笑)

f:id:saipon44:20181013204019j:plain

f:id:saipon44:20181013204410j:plain

なんか書いてあるけど ネに羊???

祥子の祥?キザ(シ)サイワ(イ)シルシ

めでたい事 喜ばしい事 ん~よくわかりません

f:id:saipon44:20181013204442j:plain

実はかなりこちらが気に入ってるけど移植には問題ありで

1.これに移植するとなると根回りをいじらないと入らない

2そもそも本当に素焼きなの??

また素焼き鉢じゃないと師匠に叱られる・゜・(ノД`)・゜・

 

さて、鉢を買った店主に松は赤玉土をぎっちり詰めて植えなさい言われましたが詰めよとガシガシやると潰れてしまいますと答えたら、なんと潰れない赤玉土を頂きました。聞く所、ホームセンター赤玉土では駄目だそうです。

そんなんで店主に植え替え用の赤玉土とネットとアルミ線を分けて頂きました。

ありがとうございまーす!

 

帰ったらどちらかに植え替えです。

 

移植前に悩ましいさいぽんでした

盆栽の下草(山野草)のホトトギス

 

展示用に盆栽下草造りのさいぽんです。

 

本来はもっと前から準備する物かもしれませんが仕方ないので急遽作製です。

 

エゴの木盆栽の根元にちょびっと生えたホトトギスを釜でざっくり切り取ります。

エゴの木君根元痛くてごめんね。

 

あちゃーやっちまった!

黙々やって写真撮るの忘れてていきなり完成

f:id:saipon44:20181013175024j:plain

苔貼り途中で気がついてパシャリ!

 

苔は庭に生えてるコケの元気な先端を切り取って移植です。

f:id:saipon44:20181013180720j:plain

切り取って

f:id:saipon44:20181013180746j:plain

f:id:saipon44:20181013180811j:plain

 

f:id:saipon44:20181013180833j:plain

f:id:saipon44:20181013180948j:plain

完成!

ってなんか色味が変!

北野ブルーになってる!

ホワイトバランスが蛍光灯になってましたとさ。

f:id:saipon44:20181013181055j:plain

苔貼るとなんだか盆栽っぽく見えますね。

今からじゃ来月に花が咲くわけ無いけどこれで花あったらもっと良いんだろうな思う

さいぽんでした。

 

お次は赤松2号の鉢探しと植え替えです

盆栽クラブへGO! 秋の古葉とり

先月はクラブへ参加出来なかった1ヶ月ぶりのさいぽんです。

 

秋の松盆栽と言えば古葉取りです。

やり方を教えて貰うべく何個か盆栽持ち込みました。
f:id:saipon44:20181003131943j:image
f:id:saipon44:20181003132012j:image
f:id:saipon44:20181010083457j:image
f:id:saipon44:20181010084109j:image
この赤松盆栽2号の古葉取りをします。
古葉とは去年生えた葉っぱの事でこれを秋に取る事で多い葉でなる日陰を減らすと共に通気性を良くします。

あと知りませんでしたが葉を減らす事で枝先の勢いを抑制するそうです。

来年の新芽の力を抑制して短い枝ぶりのカッコ良い盆栽に仕立てる役割もあるそうで。

もう少し後には今年の葉も間引いて3~4葉にするそうです。

 

注意点があって今年勢いの無い枝先の葉は多く残す。

葉を取る時に来年の芽を傷めないのが重要です。


では早速!
f:id:saipon44:20181013103656j:image
f:id:saipon44:20181013103805j:image
f:id:saipon44:20181013103710j:image
f:id:saipon44:20181013103739j:image
さっぱりしました。

もう少ししたら今年の葉っぱも減らそうと思います。

ではお次はお正月に花屋で買ってきたワンコイン三河黒松です。

今年春に盆栽クラブに持ち込んだ所・・・・

なんだこれは?

しょーもないの買ってきて!!

どこで買った??

花屋だとー!!!

とボロボロに言われ冷や汗物でしたが

なんだかんだで鉢を頂き針金もかけて頂きさいぽん的には立派な盆栽素材になったと感謝しております。

ではこれをどうするのかお願いした所Σ(゚д゚lll)

f:id:saipon44:20181013104151j:image

今年伸びた新芽と言いましょうかこの場所を根元からバチンッΣ(゚д゚lll)!

f:id:saipon44:20181013104311j:image
古葉も取ってあげて、はいさっぱり。

 

皆さんでワイワイやりながら各々持ち寄った盆栽をあーだこーだ言いながら整えて。

結構この雰囲気楽しくて好きです。

 

ここで会長から発表!

え~ 来月は市民芸術祭です。

皆さん盆栽を3点より持ち寄って展示しますのでよろしく!

日程は・・・・

 

さいぽんは自分で仕上げた盆栽は無いので他人事で聞いていました。

そしたら・・・・

〇〇君もね!

はいっ??私???

私作った盆栽無いですよ~・゜・(ノД`)・゜・

 

そしたら会長ってばここにいる人だってそんなモンだから大丈夫!言う ・・・

と言うことで以下盆栽を手入れして展示する事にしました。

展示にあたり課題を頂きました。

 

①赤松盆栽3号

この子はまず盛り上がった醜いコケを剥がしてキレイする。

針金を掛けて樹形を整える。


f:id:saipon44:20181013112317j:image



②赤松盆栽2号

まずにも鉢が悪い。塗鉢は論外!!

ただ大きく植え替える時期でない

仕方ないからスポッ!と抜いてそのまま似た大きさの素焼き鉢に植え替える。

植え替えたら針金を掛けて樹形を整える。
f:id:saipon44:20181013103656j:image

 こんな鉢がいいかな~
f:id:saipon44:20181013104420j:image

③次に下草を1品準備

さて困った。この小品盆栽に合うような下草など育てていのです。

ホトトギスは満開を迎えた山野草ですがいかせんでかすぎる!

f:id:saipon44:20181013104526j:image

こまったなぁ・・・思って盆栽棚を眺めていたらパイナップル左鉢にある以前頂いたエゴの木の右前根元に小さなホトトギスが生えているのを発見。頂いた時は大きなほホトトギスが生えていたけれどバランスが悪いから根こそぎ取り除いて別の鉢に植え替えたのだが・・・

こんな感じ

f:id:saipon44:20181013174051j:plain

f:id:saipon44:20181013174121j:plain

こんな感じに移植しました。

まだ根が残っていたらしくまた生えてきたのでこの子下草にしよう♪

ちなみにこのエゴの木の鉢は割れてます。

冬しみて(凍って)動かなから元の持ち主であるおば様が蹴飛ばしたら割れたそうです(笑)
f:id:saipon44:20181013104552j:image

 

次回は下草作りの さいぽんでした。