さいぽんの盆栽と車の小窓

最近始めた盆栽の疑問、悩みをメインで書くよ。

海釣り

渓流釣りは禁漁期なので行けません

海釣りにはまったさいぽんです

片道3時間、アバルト595でビュンビュンドライブ

新車なのに生臭くなりそう(笑)

 

小さいアジをサビキ仕掛けで釣って、それを生餌に青物(ブリの幼魚とか)を釣る

一本針にアジを鼻掛けして浮き付けて投げ込んで待つだけ

この前の釣果
f:id:saipon44:20201021065649j:image

f:id:saipon44:20201021065741j:image

f:id:saipon44:20201021070606j:image

カンパチ幼魚、ワカシ、アジ、カマス、ダツf:id:saipon44:20201021065927j:image

刺身だ!

f:id:saipon44:20201021070054j:image

アラ汁、松茸入り

贅沢か?

f:id:saipon44:20201021070322j:image

ダツはあまり美味しく無かった

骨の色がエメラルドグリーンでキモイぞ!

 

そして、今回の釣果!

f:id:saipon44:20201020220459j:image

まあまあで良いですか?f:id:saipon44:20201020220559j:image

さばいて

f:id:saipon44:20201020220655j:image

カルパッチョとか

f:id:saipon44:20201020220743j:image

内臓取ってキッチンペーパーで巻いてラップ巻いて、冷蔵庫で2日間熟成f:id:saipon44:20201020220858j:image

ミイラか?

f:id:saipon44:20201020220925j:image

魚だ!

f:id:saipon44:20201020220925j:image

ワカシ(ブリの幼魚)だ!

f:id:saipon44:20201020221020j:image

三枚だ!
f:id:saipon44:20201020221051j:image

皮も茹でて冷やして細切りして、美味しくポン酢で

頂きました

アラ汁はやさしいお味♪

早朝1時なため、活動時間長いのか釣りに行くとめちゃ痩せる♪

さいぽんでした

ABARTH 595 ドラレコ&ETC取り付け 前編

いよいよ、アバルト595にドラレコ&ETC取付なさいぽんです。

納車で引き取り済まし、軽く試走してさっさと帰宅、午後から取り付け。

翌日15時には、焼き付けガラスボディーコーティングと下回り錆止め塗装に出すため、実質1日しか取り付け期間がない。時前に内装バラしを覚えておきました。

今はネット上に情報が溢れているため、とても便利ですね。あらかじめ、内装を止めているビス類や、ピン・ツメ類の場所と構造、向きが分かるので非常に楽です。昔は隙間から内部覗いて大体の構造把握して、ドキドキしながらエイヤァ!って剥ぎ取った物です。

では、今回はアクセサリー電源はシガーライターから取るため、センターコンソールの取り外しです。電源を何故シガーライターから取るかと言うと

1・比較的バラしやすそう場所にあるから

2・配線が分かりやすいから

3・万が一のヒューズ切れに備えて

4・シガーラーター規格が日本と違うため、日本製の物を使うとショート等の可能性があり使わない方が良いと説明があった

特に3番が重要かな。万が一機器の故障でヒューズが切れても、走行に支障出ないため。たまにメインキー付近から取ってあるのを見かけますが、あれ、機器が故障した時大丈夫なのかな?って心配になります。運転に支障でる電源だったらどうするのでしょうか。

○今回の電源取り出し

シガーラーター電源配線より

1・3連シガーライターを直付け(この3連シガーライターからドラレコ電源接続)

2・ETC電源

3・ドリンクホルダーLEDイルミ証明電源

以上になります。

 

さて、では実作業!

あれ?あれれっ?

いきなり壁にぶちあたりました。

ネットで見たセンターコンソールと形が違う。サイドブレーキ(パーキングブレーキ)前にあるナットを外すには、小さな内装を外して、ナットにアクセスするはずなのに。f:id:saipon44:20200915151431j:image

赤丸の所に小さな内装部品があって、そこを外すとナット出現のはずが・・・

形状違うねぇぇ~ ・・・・・

f:id:saipon44:20200917201739j:plain

f:id:saipon44:20200917201810j:plain

外せるはずの小さな内装が無くなって一体化してる。なんで?

さいぽん595はシリーズ4だそうてす。下調べして見たのはシリーズ1~3のいずれかだったようで・・・

いきなり詰なやつ・・・

一応ネットで調べてみるもヒット無し。

エイヤァ!の内装剥がしになりました。

トホホ・・・

サイドブレーキの隙間から覗くと、固定ナットは見えるから車体側の構造は変わってないが、その隙間からは工具が届きません。

○センターコンソール後方外し

センターコンソール後方から外すのは変わりないと思うので、まずは外せる所だけ外します。

1・ドリンクホルダーの敷物取り

ガムテープに貼り付けて引っ張り出しが楽

f:id:saipon44:20200917202351j:plain

2・ドリンクホルダー底辺のナット外し

写真上の黄色い所

色々隙間に指を突っ込んで探るが、どうも固定ナット類はここだけそう

構成がどうなってるか確認したけれど、センターコンソール後方は一体物と判断しました。

後はどの方向に引っ張るか←ここ重要!

f:id:saipon44:20200917202616j:plain

f:id:saipon44:20200917202804j:plain

f:id:saipon44:20200917202828j:plain

3・後方にそのまま引っ張る

少し斜め上に引っ張ったため、4個あるツメの1個をやや破損してしまった。

3枚目の写真にあるフックが上に浮くのを防止しているため、上に引き上げらません。

水平後方に引っ張るのが正解です。

f:id:saipon44:20200918215240j:plain

センターコンソール後方を外したら、覚えのないパーツが転がってきました。

なんでしょう??

f:id:saipon44:20200918215453j:plain

f:id:saipon44:20201002212400j:plain

正解は後方センターコンソールのドリンクホルダ下のネジの高さ調整金具でした。

ナット止めした際に内装プラスチックの破損防止の補強材でした。

 

○センターコンソール前方外し

ここまで来れば後はサイドブレーキ直下のナットにアクセス出来るから、楽勝!!

f:id:saipon44:20200918213148j:plain

1・サイドブレーキ直下のナットを緩め取る

f:id:saipon44:20200917203304j:plain

2・ドリンクホルダー敷物を取る

f:id:saipon44:20200917203421j:plain

3・ドリンクホルダー下のナット2個も緩める

でもこれだけでは外れません。運転&助手席足元も外さないといけないのです。

ここから、輸入車特有の馴染みない工具が必要になってきます

変な星型?な物を備えておいて下さい。

f:id:saipon44:20200917204813j:plain

トルクスと言います。

f:id:saipon44:20200917205125j:plain

f:id:saipon44:20200917205153j:plain

4・足元内装をバラす

まずは右側から。

フットレスト近辺のネジから外します。

5・3箇所のトルクスネジを外します。

場所により違いサイズが違い、いちいち面倒です。

f:id:saipon44:20200917210542j:plain

6・外すと1個ネジ出現!外します

もくもく集中してしまい、助手席側の写真忘れてしまった・・・でも同じ感じです。

ここまで外したらセンターコンソール外すだけ!よっしゃぁぁぁ♪

って・・

ん??外れない・・

上、右、左、斜め左・・・

サイドブレーキグリップ分だけ前に出して抜かないといけないのに、右上のシフトレバーのカバーが邪魔・・・・

f:id:saipon44:20200917204107j:plain

パズル的にどうなる物ではなく、物理的に無理決定。次なる方法としては

 ・運転席又は助手席を外す

・シフト周りの内装を外す

になります。椅子外すのは車体に傷付けても嫌なので、内装バラしを選びました。

一カ所外したいのにどんどん外す箇所が増えてる。典型的な内装バラし地獄となりました。まあ大衆車なのでネジ類を隠す気はさらさらないそうで、探すのは比較的楽ですけどね。

○シフト周り内装外し

f:id:saipon44:20200917211841j:plain

1・シフトブーツ周りの取り外

傷がつきそうな所に保護テープ、ねじ込みシフトを取って、バコっと上に抜き上げ

f:id:saipon44:20200918213511j:plain

3箇所が刺さって止まってる

あまり豪快に引っこ抜くとパワーウィンドウ配線切ってしまう恐れあるので程ほどに、隙間に工具入れて探りながらです。3箇所のツメで固定されていました。

次は

f:id:saipon44:20200917212235j:plain

2・2箇所のネジ外し

ここは何故かの6角ボルト

f:id:saipon44:20200917213023j:plain

これでようやくセンターコンソールが外せます。

f:id:saipon44:20200918213732j:plain

f:id:saipon44:20200918213759j:plain

やっとセンターコンソール外せた

○ETC取り付け
電源工事は後にして、ドラレコとETCアンテナ配線です。

f:id:saipon44:20200918214357j:plain

ETCアンテナはここかな

f:id:saipon44:20200918214447j:plain

1・配線

見えない所に設置もありだけど、このアンテナはカードが挿入されると緑色に光るから、視覚的に見える所に付けたいのです。 

配線は隙間にねじ込みます。

f:id:saipon44:20200918220201j:plain

フロントガラスと天井内装の隙間が、国産軽自動車でもあり得ない位に隙間があり助かりました。特に何かを外す事も必要なく、隙間に配線をグリグリねじ込んで終了!

ドラレコ配線も同様です

f:id:saipon44:20200918220502j:plain

f:id:saipon44:20201002204119j:plain

f:id:saipon44:20201002204145j:plain

2・モール剥がし

大丈夫です!何も技術いりません。ただ力強く引き剥がせばいいだけです。

モールの中に補強の金属が入っているため、あまり鋭角に曲げない方が良さそうでした。

f:id:saipon44:20200918220735j:plain

f:id:saipon44:20200918220931j:plain

f:id:saipon44:20201002204212j:plain

3・Aピラー部内装剥がし

 Aピラー(運転席と助手席から見える前の柱)の内装隙間に後部ねじ込んで内部観察

ピンボケでごめんなさい

白いCのクリップにピラーの凸部がハマっているだけでした。

これは、破損しにくい構造で国産車でも見習って欲しい形状ですね。

ただし、ピラー部内装を破損した場合は丸ごと交換なので出費大!の危険あり。

よく見るとピラー部に白い平たい紐があります。サイドエアバッグの誘導紐かな?確信は持てないが、疑わしき物は触らないのが賢明。万が一事故で展開したときの妨げになるといけないので、この紐には配線が干渉しないようにしておきました。

f:id:saipon44:20200918221000j:plain

f:id:saipon44:20200918221030j:plain

 4・グロープボックス外し

ネジ類を隠すき全くないから、とても外すの楽です。

f:id:saipon44:20201002204430j:plain

蓋下にもネジがあります。引っ掛けている場所はないため、ネジ外して取れない場合、抵抗ある場所を探ればネジあるから、探してね。

※何げに多く、黙々外したため、写真少なめ

f:id:saipon44:20201002204712j:plain

 

f:id:saipon44:20201002204846j:plain

グローブボックス外れました

5・ETCアンテナ引き込み

f:id:saipon44:20201002204818j:plain

あとは適当な場所に配線固定です。

固定は適当にすると、走行時配線が暴れてカタカタ異音が出るので固定しましょう

f:id:saipon44:20201002205044j:plain

余った配線は適当にまとめて固定です。

ETCアンテナの線は何故かは知らないけれど、急角度な曲げは厳禁なので注意です!

f:id:saipon44:20201002205410j:plain

外したグローブボックスにETC配線用の穴を開けます。

f:id:saipon44:20201002205557j:plain

開きました

○電源取り出し

ここからがさらなる地獄の始まりでした。

念のため、テスター測定をしてみると電源が事前情報とちがうのです。

ネット検索情報

①アクセサリー電源

②イルミ電源

②アース

以上の3配線

シリーズ4のさいぽんカー

①アクセサリー電源(灰赤)

②イグニッションoffから一定時間で電源offになる電源(青オレンジ)

③アース(黒)

以上の3配線

この②が困りました。

イグニッションをOFFしても電源供給されているため、何故ここに常時電源あるの??と最初は???になったのです。

f:id:saipon44:20201002210942j:plain

中央の赤グレーがアクセサリー電源です。

青オレンジが問題の配線。

f:id:saipon44:20201019234854j:plain

ちなみにこれがUSB端子部の電源ソケットです。

①アクセサリー電源(緑赤)

②イグニッションoffから一定時間で電源offになる電源(青白)

③アース(黒)

下側に映るのはデーター通信用の配線。

f:id:saipon44:20201002211041j:plain

元々は、ここも半田で分岐予定だったけれど、事前情報とは違う配線のイグニッションoffから一定時間でoff電源に惑わされ時間を浪費してしまい時間切れ。簡単だけど嫌いなエレクトロタップでの電源取りとしました。

ドリンクホルダに使う予定のイルミ電源も無くなかったため、時間の関係でアクセサリーから取る事に。昼間も光続ける・・・

○3連ソケットとドラレコ電源

f:id:saipon44:20201019233208j:plain

3連ソケットは助手席足元に設置。そこからドラレコ電源をとります。USB電源付きで便利です。

○LEDドリンクホルダー照明

f:id:saipon44:20201002211719j:plain

ホットガンでLED発光部を貼り付ける

f:id:saipon44:20201002211823j:plain

LEDはプラスマイナスあるので、間違えないように。間違えても壊れないけど光らないよ。

f:id:saipon44:20201019232646j:plain

f:id:saipon44:20201019232727j:plain

見えない裏側配線に美しさは求めていません。

ホッとガンで適当に取り回した配線をとめます。

f:id:saipon44:20201019233044j:plain

f:id:saipon44:20201002211851j:plain

f:id:saipon44:20201002212110j:plain

照明ついた!

ちなみにホットガンは熱で樹脂を溶かし、それを接着材として使い、冷えたら接着するものです。今回LED接着に塗りたくって接着したけれど、LED発光部って結構発熱するんですよね。見事に発熱部は溶けました。火事になる程ではありませんが、発熱部には塗らないのが、賢明でしょう。

あとは逆に戻すだけ。

f:id:saipon44:20201020000243j:plain

f:id:saipon44:20201020000316j:plain

f:id:saipon44:20201020000353j:plain
時間無いので画像なしでできあがり。

少しありました。

シフトノブは作業に集中して目を突くといけないため仮付けしてあります。取り外し取り付けは単なるネジなので、かなり硬いですが回せば取れます。

f:id:saipon44:20201020000615j:plain

3連ソケットはこんな感じでドラレコ電源だけがひょっこり顔を出してます。

f:id:saipon44:20201002212706j:plain

しかし、ブルーシートだけでは砂利は痛いですね・・・駐車場、コンクリートにしたいさいぽんです。

ドラレコバックカメラはまた後編で

ABARTH/アバルト 595 ドラレコ&ETC取り付け 愚痴編

納車後即車内バラシの、さいぽんです。

元々は、ディーラーオプションで、ETC・ドライブレコーダーは取り付けのつもりでした。しかし、一つ一つが高額で気が付けばとんでもない支払額。

輸入車ディーラー、諸費用・工賃がいちいち高すぎて断念しました。

あ~っ!、嫌いなパズル・・・室内バラシパズル地獄の始まり。

今や、ディーラーオプション取り付けはディーラーでやらない時代。

チープなプラスティック内装は、低温期になると取り外しで固定ツメが割れるリスク高過ぎ。

暖房効いた所に車体さら入れ、プラスティックを柔軟にしてから作業するそうです。

なので、基本寒い季節にそう言った環境下に出来ない方は、内装バラシはやめた方が良いですね。

今は夏です、その辺はクリアしているため、自分取り付けです。

資産家 =時間かけずに金かける

さいぽん=金かけずに時間かける

はいっ!時間かけます。

ちょっと愚痴ってみたかった編でした。

ABARTH/アバルト 595 ドラレコ&ETC取り付け準備

ドラレコ&ETC取付け準備な さいぽんです。

自動車運転には何としても必要な二つの神器。

あおり運転絶賛流行中なこのご時世、流行りの車載器ですね。さいぽん運転もたまに煽りなっちゃいます。ゴメンなさい。

最近のドラレコは低価格で高性能、SDカードも付属され、GPSにバックカメラが付いても一昔前では信じられない低価格となりました。まあ、中国製?なので説明書の日本語がおかしな所が沢山ありますが、そこはご愛嬌です。なにせ、同じスペックなら日本メーカーに対して価格は半分以下、下手すると三分の一ですからね。

納車の前にすでに手配済みで届いています。f:id:saipon44:20200902110741j:image

開封

f:id:saipon44:20200902110821j:image

モデルAKY-D9

4Kモデルをアピールしてるけど、リアカメラも使うと2Kになってしまう駄目っぷり。

f:id:saipon44:20200902122823j:image

四角いボックスがGPS受信機
f:id:saipon44:20200902122851j:image

f:id:saipon44:20200902123629j:image

なんとGPS受信機側とドラレコ本体はマグネットで連結されており分割可能でした。
f:id:saipon44:20200902123016j:image

側面にはSDカードスロット、マイク、リアカメラを接続する端子
f:id:saipon44:20200902123156j:image

32GBのミニSDも付属してます。f:id:saipon44:20200902123334j:image

リアカメラの画質はそれなりでしょう。
f:id:saipon44:20200902123441j:image

つぎはETC

こちらは安心の日立製。

これはさいぽんオープンカーにも搭載していますが、低価格な割に音声も聞き取りやすく、なかなかのお勧めです。
f:id:saipon44:20200902105851j:image


f:id:saipon44:20200902131150j:image

配線はACC(アクセサリー)とアースのみです

f:id:saipon44:20200902131227j:image
機種によっては常時電源が加わる物もありますが、不要でしょう。これはカードを挿したままで車のキーOFFした時でも、「カードが残ってます」と案内するための電源です。

そう言えば今の日本車って軽自動車でも鍵は挿さずプッシュスタートだけど、この場合は車の電源OFFって言うのかな?キーOFFは死後になるのでしょうか?

では、取り付け前の配線準備をします。

電源としては

ドラレコ・ETC共にアクセサリー電源とアース

ドリンクホルダーにLED照明を付けるためのイルミネーション電源とアース

では、電源取り出し用の配線を事前に作っておきます。まずは、アクセサリーから電源を取り、ドラレコとETCに電源を分岐する配線です。

分岐点は半田付けします。

決してねじっただけで終わりは駄目。

最悪車両火災も有り得るからね。
f:id:saipon44:20200902125419j:image
分岐部は絶縁チューブを被せライターであぶって収縮させ密着させます。

次にカプラーを圧着ペンチで接続です。

線の被膜を剥いて
f:id:saipon44:20200902125912j:image

f:id:saipon44:20200902130457j:image
圧着っ!
f:id:saipon44:20200902125316j:image

まずは皮膜と端子を圧着した画

次に電線と端子を圧着

あれ?電線長すぎた(汗)

因みに圧着の順番って

電線→皮膜? 皮膜→電線?どちらが正しいのでしょうか?さいぽんはいつも適当です。

f:id:saipon44:20200902125345j:image

f:id:saipon44:20200902152135j:image

f:id:saipon44:20200902130246j:image

さていよいよ取り付けな さいぽんでした。

ABARTH/アバルト 595 下取り車のバモスホビオ

ABARTH 595購入の さいぽんです。

話は少し戻って、下取りに出すホンダ バモスホビオのお話しです。

元々家族用として、妻が乗るために買った4ドアセダン、インプレッサWRX RA Sti V5 リミテドを、下取りに出して買ったのがバモスホビオとなります。

広い後部空間がレーシングカートを積むのに最適でした。榛名に行ったり瑞浪に行ったり茂木のショートコースは楽しかったな。

そんな色んな思い出詰まったバモちゃんも、15年13.5万キロに突入。まだ乗るつもりだったけど色々不具合で変える事となりました。

遠出にはキツい純正シートをレカロに変えてあったので取り外し。

f:id:saipon44:20200820152016j:image

純正シートに戻しました。

f:id:saipon44:20200820152102j:image

殆ど使ってないから叩いても埃が出ない。

ピカピカシートです。納車時のビニールカバーも残ってますよ。

f:id:saipon44:20200820152247j:image

変な物落ちてると困るから、念入りにお掃除です。良いもの落ちて無いかなぁ?思ってたら50円が落ちてました(笑)

f:id:saipon44:20200820152438j:image

f:id:saipon44:20200820152515j:image

オイルも補充しておきましょう。
f:id:saipon44:20200820152604j:image

バモスホビオ5MTは変な所にオイルゲージがあります。毎日の点検なんて無理な場所なんてすね。

左の後ろタイヤを外す必要があります。f:id:saipon44:20200820152820j:image

この奥にオイルゲージが・・・

分かります?
f:id:saipon44:20200820152912j:image

ここです

f:id:saipon44:20200820153013j:image

オイルは頂き物の100%化学合成20w-50を補充

どんな車に使うオイルなんだろう。

f:id:saipon44:20200820153119j:image

オイル給油口は左後方側面にあります。ガソリン間違えて入れそうな危険場所。

リアハッチ開けた所にレバーがあり、これを引くと蓋が開く仕組みです。
f:id:saipon44:20200820153551j:image

f:id:saipon44:20200820153648j:image

f:id:saipon44:20200820153707j:image

f:id:saipon44:20200820153147j:image

オイル補充してゲージ確認終了。

f:id:saipon44:20200820153405j:image

スピーカーを純正に戻して、サブウーハーも外して

15年前に電源取りしたオーディオ配線裏なんて記憶も無いし、ぐちゃぐちゃで大変でした

f:id:saipon44:20200820153525j:image

f:id:saipon44:20200820153846j:image
f:id:saipon44:20200820153914j:image

作業終了!綺麗になりました。
f:id:saipon44:20200820153951j:image
意味もなく何年ぶりかにワックスもかけてあげました。

バモちゃんお疲れ様な さいぽんでした。

ABARTH/アバルト 595 納車

ABARTH『アバルト』595納車なさいぽんです。

納車日は仏滅でした。

妻には、大安である翌日の日曜日にしなよ!と強く求められましたが、待てませんでした。最後には事故しても知らないからね、と吐き捨てられる始末(笑)

アバルト 595はイタリアからの輸入車です。

イタリアには仏滅なんてないんじゃー!って屁理屈をこねたさいぽんです。

でもね、そもそもなんだけど、そんなのは元々気にしないタイプなのです。厄年とかも妻に言われなかったら、いつなのか知らずに過ぎただろうし。そもそも厄払い連れられて行ったはいいものの、狭い場所にギュウギュウに詰め込めれ、煙もくもくで目や喉痛いわで大変でした。

その日は1日調子悪かった嫌な思い出。

今なら3密なるしやらないのかな?

話はそれましたが、朝一で引き取りに行きました。

これで納車費用15400円節約。チャキーン!

最後の運転になると思うと寂しい気持ちと共に、バモスホビオが愛おしく感じます。15年13万kmで廃車になると思い込んでいたら、がまさかの次の持ち主あり。

下取り価格は付かなかったけれど、リサイクル費用は返却されました。

次も使って貰えると知って、レカロシートを外したついでに隅々まで掃除機かけて、ホコリふいてピカピカにしておきましたよ。運転席なんてレカロに変えてたから殆ど新品。ビニールカバーも残ってる。色々ありがとう。

バモちゃん次のオーナーの元で頑張ってね。

雪用タイヤ(スタッドレス)も不要なので積み込んで、いざ出発。

f:id:saipon44:20200820210304j:plain

 

f:id:saipon44:20200820210446j:plain

最後のお別れは134132kmでした。

さよなら、バモちゃん。

f:id:saipon44:20200820210524j:plain

そんな観賞に浸りながら到着したディーラーですが、納車日は晴れが鉄則なのに残念ながら雨。傷などチェックは諦めですねぇ。

しかし、しかし、雨だから無理かと思っていたら、まさかの納車ルームがあるなんて、素敵♪

f:id:saipon44:20200819213220j:plain

無駄にテンションあがりますf:id:saipon44:20200819213514j:plain
説明聞きながら外装チェックは念入りに♪

しかしこの黄色はなんとも深みがあり綺麗です。

絶対所有は無理なお車のメーカー、フェラーリ社純正カラーなんですと!

カラー名は、なんちゃらジアッロ・モデナです。

 

ドラえ~もぉ~ん!!スネ夫が、ラ・フェラーリ買ったんだよ~

僕も欲しぃ~ぃぃぃ!!

のび太くん大丈夫だよぉぉぉ

テレレ レッテレェ~♪

色だけフェラーリィィィィ!!!

そんな感じでしょうか(笑)

f:id:saipon44:20200819213608j:plain

楽しみにしていたイタリア臭は、意外と普通で拍子抜け。気持ち国産臭のツンとした尖った香りがなくマイルドですかね。ほんのり甘い香りは本革によるものかもしれません。

そう言えば、本革の車って初めてだ。

f:id:saipon44:20200819213640j:plain

しかし、今まで納車なんてサラッと話し聞いてカギ貰って、ではサヨウナラ的に帰って来ましたが、今回のは予想せずの長さでした。

f:id:saipon44:20200819213718j:plain

色々細かく説明してくれます。一時間半位かかりました。最後にスタッフの方を紹介され、お見送りです。

さすがにエンストや、フカシ過ぎのクラッチミートは恥ずかしいので緊張しますね。しかしアクセルのふみ加減が難しい。とりあえずアイドリング状態でクラッチ繋いでそっと発進です。このアクセル、試乗の時も感じましたが、電子スロットルは感覚的にやはり好きになれません。今時は当たり前なのでしょうが、アクセルの重みがバネだけのため、ポヨンポョン感満載で、アクセルをグーっと踏み込んだ時の車からの情報の伝達が希薄です。

アクセル沢山踏み込んじゃってるぞ~!大丈夫か~?危ないぞ~!って感覚が感じ取れないのですね。

ゲームセンターの車ゲームと同じ。

オートマならまだしも、マニュアルでこれは頂けません。慣れるかやぁ

雨も降ってるし試走はそこそこに、お家に帰って、ドラレコとETCの取り付けしないとね。

この時の走行距離7km

さいぽんでした

ABARTH/アバルト 595 車庫証明

車庫証明取る さいぽんです。

自動車を購入して登録する際に必要な申請の一つに、車庫証明があります。

結構な田舎の場合は、土地沢山あるもんね!ばりに不要な地域もありますが、大抵は必要な書類。

これは新車、中古車共に必要。

さて、この申請、なかなかの費用が掛かりますが、大抵の方はディーラーや車屋さんに手数料払って代行してもらっている事でしょう。

費用はそのお店によりですが3諭吉さん程度。

今回のディーラーだと以下の通りで、なかなかな金額です。

車庫証明手続き :16500円

預かり行政書士料:16500円

計       :33000円

結構な金額にも関わらず大きな買い物の時って、麻痺してるのか3諭吉さん位ならいいかぁ!って払ってしまうのが怖い所です。

しかし、取得はそれ程難しい訳でもなく、2日間、時間にしてみれば警察署への往復+5分程度の時間で済みます。

フレックスタイムがある会社、時差出勤、夜勤勤務、はたまた専業主婦の方、万が一の無職の方、学生さんであれば休む必要も無く、空いた時間に行けば良いので大した手間ではありません。

提出書類は各都道府県の警察署ホームページにあるので、探してみて下さい。

ただ、車屋さんは専用用紙を持っているので、これを頂戴するのが1番です。これには理由がありますので後ほど。

さて書類ですが4つ必要です。その内2つは写し書きの2枚組になっていますが、ホームページからの用紙だと写し書きになっていないため同じ事を2回書かなくてはなりまん。少々面倒なので、頂けるなら車屋さんが持っている写し書きの用紙を頂くのが1番なのですね。

さて、1つ注意点です。

安い車両を扱うい中古屋さんの場合、この車庫証明代行手数料を当てに(利益)しているお店もあります。揉める事がないように、事前に確認しておいた方がよいですよ。

また、それに関係なく交渉上手な方は、サービスでやって貰うのも一つの手です。

新車などは、以外とすんなりサービスでやってくれますね。

交渉が苦手、でも費用を抑えたい、自分でやってみたい、方は是非チャレンジです。

用紙は以下となり1. 2.は両方2枚組です。

また、4. 5. は該当するどちらかです。

1.自動車保管場所証明申請書

2.保管場所標章交付申請書

3.保管場所の所在図・配置図

4.保管場所使用権原疎明書面(自認書)

 駐車場が自分の土地、又は家の場合

5.保管場所使用承諾証明書(記載事項が充足されていれば契約書の写しでも可)

 駐車場がアパートや契約駐車場の場合

 

では1番から順番に

 

1.自動車保管場所証明申請書

○車名

ここはは注意です。

例えばプリウスを購入する場合は

プリウスではなくトヨタと自動車メーカーを記載です。

なら社名にしてくれればいいのに。

○形式、車体番号

車屋さんに聞きましょう。

譲渡証明書などに記載されています。注意として車体番号はあなたの物になる車に刻印された専用の番号なので、割り当て車が決まらないと分かりません。

○自動車の大きさ(センチメートル)

○使用者の本拠地

○保管場所の住所

○所轄の警察署名

○あなたの住所、氏名、電話番号、捺印

○1番下に4カ所欄がありますが一番右の連絡先だけ書けばOKです。

2枚目も同様記載です。

ここで車屋さんから頂戴した用紙だと転写されるので記載不要で楽チンなんですね。

f:id:saipon44:20200817072009j:plain

f:id:saipon44:20200817072034j:plain

2.保管場所標章交付申請書

これも、1番と書く事は全く同じで2枚組みです。

f:id:saipon44:20200817072102j:plain

f:id:saipon44:20200817072127j:plain

3.保管場所の所在図・配置図

自宅の場合

自宅の地図とその駐車する場所の配置図を左右に書きます。

貸し駐車場の場合

住居と駐車場の地図、住居と駐車場との直線距離、駐車のどの位置に駐車すかを左右に書きます。

注意点は、自宅から2km以内に駐車場が無いと駄目です。あまり遠いと、そこ止めずに路駐するつもりでしょ?って見られてしまいます。

f:id:saipon44:20200818073554j:plain

f:id:saipon44:20200817072408j:plain

4.保管場所使用権原疎明書面(自認書)
駐車する場所は私の土地です!

駐車する場所は私の家です!

駐車する場所は私の土地.家です!

と申告、認める用紙です。

f:id:saipon44:20200817072433j:plain

f:id:saipon44:20200817072500j:plain

以上を記入して、捺印し、2600円を持って諸葛の警察署にGOです。

念のため印鑑は持って行った方が安心でしょう。

記載に不備があれば、その場で指摘頂けるので大丈夫ですよ。

無事提出すると、○○日○○時以降に受け取りに来て下さいと記載された用紙を頂けるので、後日その紙を持って受取に行けば終了です。

渡される物は、提出した「2.保管場所標章交付申請書」の1枚目に警察署で記入捺印された物とワッペン?です。

f:id:saipon44:20200819065850j:plain

一つ注意があります。

受け取った時は、それが自分の車庫証明か確認してください。

さいぽんは、受け取って車に戻ってから確認したら・・・

車名=BMW? 

あれつ?

アバルトのはずなのに??

と、頭が真っ白になりまして、もちろん車体番号も全く違う??

よ~く見ると全く違う人の車庫証明を渡されていました。整理番号まであるのに何故間違える(汗)

違う旨伝えて交換お願いしたら、窓口の男性はアタフタとプチパニックになっていました。制服っぽかったし警察官だと思うのですが、仕事出来ない人で窓口にまわされちゃったのかなぁ??なんて思いながら、静視したさいぽんでした。

無事自分の車庫証明を入手。

頂いた車庫証明書と丸いワッペン?を車屋さんに届けて終了。これで車検証が発行できるようになりました。

あっ!丸いワッペンは車に貼らないでね♪とお願いしたのは言うまでもありません。

あれカッコ悪いんだもん。

もちろん、リアガラスの無いさいぽんオープンカーも貼ってはありません。

貼る場所ないしね♪

ただ、本当は見える所に掲示しないといけないのですが・・・。

しかし、デカいナンバープレートと言い、なんで日本はいちいち車にカッコ悪い物を貼りたがるのか。車検を整備工場に頼むと、フロントガラスに貼られる丸いワッペンもそうです。全く法的根拠も掲示義務も無いからすぐに剥がしてしまうけれど。

ユーザー車検だとそもそも貰えません。

f:id:saipon44:20200819065936j:plain

意味不明ですが、国土交通省警察庁天下り先?である定期点検整備促進協議会や、そのシールを作る会社やら、なにか利権が絡んでるのでしょうね。

 

この時納車まであと数日なさいぽんでした。

只今走行2100km